入居希望者との交渉の結果

入居希望者との交渉の続きです。

 

先方の都合で一旦キャンセルとなった入居申し込み、
これまた先方の都合でやっぱり入居したいと言ってきました。

それで、相手が再度言ってきた内容は

「家賃3千円値引き、換気扇交換、借り主負担で一部設備変更」

家賃は想定内の金額だからいいとして、
設備はすでに発注しているので変更がちょっと面倒です。

ちなみにリフォーム開始は7/1(火)です。

入居希望者様も、リフォーム後のイメージが無いまま契約というリスクを取るわけです。

 

前回の記事ではだいぶ鼻息の荒かった僕ですが、
交渉は相手の立場も考えて、譲れるところは譲るべきと思っています。

設備の変更が難しいため、家賃の値引きもOK、
そして7月はフリーレントとしました。

入居者による物件の設備変更ももちろんOK。

まだ6月中旬ですし、
7月中にリフォームが終われば
入居者様も余裕を持って引っ越しできるでしょう。

今の賃貸契約も1ヶ月前に退去通知しないといけないでしょうしね。

そんな感じで提案したら、承諾いただけました

嬉しい!

ただ、気分的にはまだ手放しに喜べません。

前回のキャンセルの事もあるので
契約書を取り交わすまで確実ではないですし、
何よりリフォームをきっちりと仕上げなければいけません。

あまりにも予算がかかるので壁紙の交換も最小限に抑えてます。

設備ももう一度チェックしないと。換気扇も本音は交換したいし……。

実際にお客様に満足いただけるリフォームになるか、
プレッシャーですね!

P.S. 玄関にくねくねミラーをDIYで付けてみました。
実はこれも、壁紙のキズを隠すための苦肉の策なのです…。

コメントを残す